FX RSI

FX RSI とは


RSI(Relative Strength Index)は、相対力指数ともいい、
売られ過ぎ買われ過ぎを表すテクニカル指標です。
オシレーター系の代表的なものとして、広く知られています。
作者は、J.W.ワイルダーです。

RSIのスコアは0~100で表され、一定期間の売られ過ぎ買われ過ぎを示します。
直近期間(直近のローソク足の本数)をパラメータとして指定します。
表記は、例えばRSI(14)などのようになります。

そして、値が低ければ売られ過ぎ、高ければ買われ過ぎとなります。
人により違いはありますが、RSI=20 or 30を下回ると売られ過ぎ、
RSI=70 or 80を上回ると買われ過ぎと見ることが多いです。

オシレーター系指標なら、まずはこれを使ってみましょう。


FX RSI 使い方


では、具体的にどんな使い方をするのでしょうか?

売られ過ぎ時に買い or 買われ過ぎ時に売りを入れる逆張りが有名ですが、
それ以外にも、利益確定の基準に使ったり、短期RSIと長期RSIのクロスを見たり、
ダイバージェンス/コンバージェンスを見たりと、かなり豊富です。

ポイントは、RSI単独で使おうとせず、ローソク足や移動平均線を絡めた方が、
安定した手法になるということです。
これを使いこなせるようになると、手法の幅がかなり広がります。


FX口座開設


手法ができたら、あとはそれを使って稼ぐだけです。
いくつか口座を紹介します。
複数口座を持つのは、リスクヘッジとして当然です。


SBI FXトレード


スプレッド、約定力、信頼性、全てのレベルが高いです。
1通貨から取引できるのも、初心者には嬉しいですね。
短期売買派なら、ここの口座は是非持っておきましょう。




FXを始めるならSBI FXトレード!



DMM.com証券


最近、露出が多いですね。
取引量が多く、スプレッドが狭いです。
初心者でも、安心して使うことができるでしょう。




FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!



FXブロードネット


取引ツールの使いやすさならここです。
動作も軽いので、スペックの高くないPCにも優しいです。
コースも多彩で、リスク管理もしっかりとできます。




はじめるあなたに安心のパートナー